YouTube動画が注目になる!

YouTubeは多くの視聴者に見てもらえるチャンスがあります。

世界第三位のサーチエンジンになりました。

ここで重要なのは、誰に届けたいのか? ターゲット属性です。私と直接お会いしている方は「耳にタコできる」くらいYouTubeの将来性や重要性を言っていました。

そして、それが確実に実感できるようにもなっています。

なぜ?

それは、まだ確実ではないので、差し控えます。年明けには公開する予定です。

SEO的にみても、YouTubeは強いです。上位表示がたった30秒程度の動画でも上位に来ています。

でも、見る側からするとどうでもいいような動画をドンドンアップされても困っちゃうのではないでしょうか?

YouTubeにはチャネル登録という、Twitterでいうフォローというような機能です。

チャネル登録したチャネルが新しい動画をアップするとお知らせメールが来るという機能です。

乱暴な言い方ですが、メルマガのようなこちらからお知らせする機能があります。ONやOFFにも出来ます。

ファンになった方に最新情報が届くのです。私も実際にチャネル登録した方の動画のアップを待ち遠しく待っています。メールが届いたらすぐに見に行ってしまうのです。

そのチャンネル登録について下記の動画で説明しています。

もし、よかったらチャネル登録して下さいね。

▶YouTube http://bit.ly/18Sw8eG

追伸

個人的な意見ですが、最近、アメブロの評価がずいぶんと下がった印象を強く抱いています。

一過性のものなのかはわかりませんが、実は8月くらいからおかしいなと感じていました。

10月にはそれがより強力になった気がします。ペンギンかな

皆さんの中でも今までアクセスが多かった。キーワードが突然無くなったりしていませんか?

狙ったキーワードであれば、上位表示していたはずなのに、最近は他のブログの方が強い場合があります。

確実に何かが変わったと思っています。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。