WebマーケティングはPDCAサイクル

計画して実行して評価して改善というサイクルです。

Businessにはこのサイクルは必ず必要なことでもあります。

新しいお客様を獲得するということも大切でありますが、今までご商売をされていれば過去のお客様はいるはずです。

このお客様を満足されることが出来なければ、新規のお客様を集めても、栓をしていない。お風呂と同じでどんどん漏れてしまうでしょう。

一方でしっかりと栓を締めていると新規のお客様は要らないという形になります。

宣伝も必要ありません。それは、今までのお客様からの口コミで人が人を呼ぶということです。

新しく商売を始めた方は、継続的に宣伝しなければなりませんが、ある程度計算が出来ます。

売上がどのくらいあれば、会社が成り立っていくのか?

たとえば、100万円の売上が必要であれば、1日33,333円ですね。これを平均的な客単価で割れば何人集める必要があるのか?

4,000円であれば8.5人ですね。

毎日9人ということで目標が達成されるでしょう。

これにリピート客をまた、来て頂けるようなサービスを展開するということです。

新しいお店をオープンした場合には、ご祝儀来店も多いために、最初の2ヶ月の数字はあまり重視すると危険です。

3ヶ月目からが勝負です。1ヶ月目・2ヶ月目で来店してくれたお客様は、再来店なのでお店のファンになってくれる可能性が高いです。

このお客様を逃さない方法は、お客様が期待している以上のサービスでおもてなしをすることです。

このおもてなしは商品やサービスの割引ではなく、「おもてなし」です。

期待以上のおもてなしです。

このことが理解できれば、新規のお客様を集めることが必要なくなる日が来るでしょう。

ネットでも、リアルでもこの「おもてなし」をどのように表現できるです。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。