出版マーケティング!

book_302

 

本を出せる人は限られていると思っていませんか? それは違うのです。あなたが講師活動やセミナーで話をする場合にお金をもらっていると思います。

あなたの話をお金を出しても聞きたいと思っている方が居るのなら出版が可能です。
お金を出しても良いという方が1000人以上いれば出版は可能です。

一般的なセミナーだと3000円から1万円が多いと思いますが、本の価格は1300円〜1800円ですので、セミナーよりずいぶん安いと思います。

色々なセミナー講師が居ると思いますが、人気のセミナー講師は出版していますね。

怪しいセミナーや勉強会の講師は出版していません。していないけどDVDやCDを出しています。

なぜでしょう!

理由はまさに怪しいからなのです。そのコンテンツでは出版社からNGなんでしょう。多分、出版社を通すということが出版社、すなわち社会からのお墨付きなのです。

ただ、素晴らしいコンテンツをもっているのに、出版のチャンスを掴んでいない人も多くいるとは思います。

商業出版では全国の書店に本が陳列されます。本を通じて人とつながります。何かの会議や会合などで自分の本をもって来てくださった時はとても嬉しいです。

なのでより良い本を書こうと強く思います。

本を書くことはメリットは複数あります。

まず、今の仕事を辞める必要がありません。今の仕事を続けながら原稿を書けます。極端な話良いコンテンツがあれば、編集をして貰えばいいだけです。

大切なことは、あなたがどの層に何を伝えたいのかということです。

あなたにしか書けないコンテンツがあるはずです。
「自分では当たり前だけど、他人にとっては新鮮なことが多いのです」

それを探し出せると出版の道が一気に広がります。

ただし、出版エージェントという前金制のところには気を付けて下さい。
詐欺の場合が多くあります。

出版社にとって、新人の著者はリスクです。一般的に1冊の本に300万円の原価がかかると言われていますので、2000部は売れないと原価割れということになります。

あなたのコンテンツが市場価値があるか? 想定読者? 販売予想?

以上が整っていれば、間違いなく著者としてデビューできるでしょう。

私が出版して、大きく変わったことは周りの見る目がわかったということです。
先生と言われたりしますが、本人は全くそんなことは思っていないですが(笑)

先に説明しましたが、「自分では当たり前だけど、他人にとっては役にたつことだったというだけです。

なので、本人は全く変わっていない。多少は出版をするということがわかったというくらいです。

しかし、周りの見る目がかわったということがブランディングだと思っています。

ブランディングを構築するには、他人から評価されることです。私の場合はSEOに詳しい人と認識してもらったということです。

SEOでは私よりまだまだ、長く関わっている人が多いのも事実ですが、SEOというブランディングが出来たことになります。

今回のSEO本は多くの人にSEOはそれほど難しくないということをみんなに知ってもらいと思って本を書くことになりました。

本を書くことで様々なことが変わっていきます。

でも、出版だけがブランドをつくるだけではありません。

自分がもつ魅力を見つけだし、それを表現できれば自分コミュニティが出来上がるでしょう。

そのコミュニティをお手伝いできる組織を現在作っています。

その組織の魅力はみなさんに必ずや役に立つことになると確信しています。内容は今しばらくお待ち下さい。

book_302

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。