ブログとfacebookで使い分けしなければならない理由

Facebook_4001

ブログとfacebookの発信方法はまるで違うということです。大きく分けると無料ブログ(ここではアメブロです)は検索エンジンで検索されます。一方、facebookは検索エンジンでは検索されません。

最初に結論から言うとブログは見込客を集めることができます。
facebookは友達との交流を図るツールであるということです。

ブログは検索や読者登録からの訪問があり、検索に引っかかるような記事を書いていれば、見込客がやってきます。インバウンドマーケティングです。

facebookはせいぜい友達の友達程度となりますし、友達との交流の場なので売り込み投稿は嫌われてしまいます。facebookでマーケティングをするのであればfacebookページで行わなければなりません。

使い方はブログに関しては、悩みを解決する記事がとても大切です。facebookでは食事の写真もOKです。人間性や感性を友達にも知ってもらうツールだと思います。

検索エンジンは日々、進化しています。どのように進化しているかを説明します。

検索エンジンで検索されるということは、日本全体から見込客を集めることができます。日本というよりも、日本語で検索する海外に住んでいる人までがマーケットとなります。ローカルビジネスの場合は地域となります。

検索エンジンで検索される言葉をキーワードといいます。検索窓に入れる言葉です。

たとえば、今度、旅行するそれも飛行機に乗ってどこかに行く場合にはどのような検索キーワードで探しますか? ローコストキャリアの名前を知っていれば「会社名 予約」などと入れると思います。

「バニラエア 予約」 6位・「ピーチ 予約」 7位・「ジェットスター 予約」19位 となっており、私の動画が出てきます。ここでの動画はネットでの予約の方法を説明しています。

ここで注意しなければならない点は会社名を知っている人達を対象にしているという点です。すべてを網羅してはいけません。

この検索にストーリーを持たせます。
ブログでも動画でもいいのですから、「Lccの予約方法」「格安チケットの予約方法」などとしてブログや動画を作ります。

絶対にやってはいけないのは1ページ上に複数のキーワードを入れないということです。

LCC(ローコストキャリア)は現在、日本に3社ありますので、私も3動画を作っているわけです。5社あれば5つのブログや動画です。

私はアクセス数より質を重視しています。少ないアクセス数でも狙ったキーワードで呼び込めるかということを日々おこなっています。

私はアメブロも使っていますが、以前ほどアメブロが検索に対して強くないのです。それを象徴するように以前は、「バニラエア 予約」・「ピーチ 予約」・「ジェットスター 予約」の検索結果はアメブロ記事の方が上位にいましたが、YouTube動画の方が上位に来ています。

検索に強い。無料ブログを利用して人を集めて、注目してもらったらfacebookで共感してもらうということになると思っております。

Facebook_4001

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。