YouTubeで外国の動画を日本語字幕でみる方法

YouTube_501

今、YouTubeがSEOの世界でも注目を集めています。理由は多くの人に検索してもらえる可能性があるからです。

その理由は後ほどなのですが、海外での動画でも日本語の字幕が表示できます。

凄い技術ですよ。まだまだ精度は高くないですが、雰囲気やニュアンはとても良くわかります。

こんなデータがあります。

1 分あたり約100時間分の動画が YouTube にアップロードされています。1分間ですよ。同時に100時間以上の動画ですから、もし、平均3分間の動画であれば2000本の動画がアップされていることになります。

それだけアップされているということは、見ている人も凄い多くいるということです。私が作る動画は日本語なので外国圏では、あまり再生されないですが、動画の場合は言葉がいらない部分も多くあるので世界中で見られる可能性があるのです。

YouTubeは今、注目を集めている理由の一つです。私もそれにあやかって動画を不定期ではありますが、アップしております。私がもっとも多く上げる動画は、できないとか難しいかった、わからなかった等の動画が多いです。

どこでつまづきやすいのか、私がわからなかったことは、もしかしたら私のように悩んでいる人もいるのではないかという理由で動画を作っています。つまり、ハウツー系が多いのです。

今回、ご紹介したい動画も英語で話すことをある程度、日本語で理解できるほど翻訳してくれます。

とても便利です。ますますYouTubeからは目が離せません。

YouTube_501

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。