ネット集客を検索エンジンから行う!

ネット集客ではキーワードが重要です。

そこで、よく皆さんが利用Googleですが、注意点があります。

ネット集客においては、検索エンジンの検索結果の件数は当てにしない!

 キーワードの選定には、「どんな言葉で情報を探しているか」を推察する事が重要になりますが、注意点があります。

それは、検索結果として表示される「サイトの数」は、全くあてにならないということです。

 「肩こり 治し方」というキーワードで検索すると、30万件以上のサイトページが検索結果として表示されますが、

この数字(検索結果の件数)は、SEOには一切関係ありません。

「肩こり 治し方」というページが存在するというだけの数字なので、

数が多ければビックキーワードと数が少なければスモールキーワード判断してはいけません。

 Webサイトで商品やサービスを販売するためには、Webサイトに見込客を集めて集客をすることになります。

しかし、集客するといってもどんな人でも集客すればいいとわけではありません。

 たとえば、男性専用の「育毛剤」を販売したいと思ったとします。そのサイトに「育毛剤」には興味のない人を集客しても意味がありません。

「育毛剤」に関してニーズがないのです。Webサイトのコンテンツとキーワードがマッチしなければ検索結果回数が多いから集客できるキーワードとはならなのです。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。