友達申請の出し方

友達申請はどのような基準で出したり、受けたりしていますか?

現在多くのソーシャルネットワークがありますね。その中でも友達申請がいらないものと友達申請が必要なものがあります。

友達申請が必要なソーシャルネットワーク
Facebook、mixi、Myspaceは友達申請があります。友達になりたいと思う相手に友達申請を出します。
もし、友達申請を受け入れてくれると相手の情報が自分のスペースに表示されるようになります。
両思いでやっと相手の投稿や写真がみれると言うことになります。
ここが重要です。
相手が友達申請を受理してくれない場合や保留にされてしまう場合があります。
承認してくれない理由がいくつかあります。Facebookは5000人とmixiは1000人で上限いっぱいの人
相手のソーシャルネットワークについての考え方でリアルにお会いした人のみ友達限定

友達申請であなたがしておいた方がいいプロフィールの作成がとても大切です。

もし、知らない方から友達申請がくるとまず、あなたはどうしますか?

相手のプロフィールを見にいくことでしょう。

そんな時に相手のプロフィールがまったくなかったり、写真が芸能人だったり、わからないキャラクターなど・・

友達になりたいとは思いませんよね。なのでプロフィールはとても重要です。

貴方の趣味を書いてあったり、出身校や地元が同じであれば何か気になる存在になり、友達になってもいいかなと思うでしょう。

同時にメッセージ付きが基本ではないかと思います。闇雲に友達申請をしている人もいるようですが・・・

人それぞれの考え方ではありますが、慎重に友達申請をして楽しいソーシャルネットワークを楽しんでいただきたいと思います。

友達申請がいらないソーシャルネットワーク
Twitter、Google+、mixiページ、YouTube、Ustream、は友達申請がいりません。気軽にお気に入りやフォローができる。
双方向ではなく「片思い」という状態ですね。
相手がフォローしてくれないということについて気にする方も多いと思いますが、あまり気にしないほうがいいのではないでしょうか。
友達申請がいらないソーシャルネットワークはどちらかというと情報収集の為に使っている方が多いかです。
しかし、今なおフォロアー数を自慢している人がいますが、ちょっと引いちゃうと私は思います。
質の良い情報を収集するにはその道の専門家が数名いれば事が足りてしまう場合も多いはずです。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。