Facebookを札幌でやる理由は異業種交流

Facebookを札幌でやるからには積極的に異業種交流をしていることにも思える。

私も色々な交流会に出席しています。Facebookでも同じ事をバーチャルで交流会にいるような感じがします。

ただ、リアルで合うことでFacebookの良さが発揮します。会いたい人や憧れの人とFacebook上で友達になりリアル会う事でより以前からの友達のような感覚になります。

それがFacebookの良い点ではないでしょうか?

札幌も登録者も増えてきています。アクティブユーザーも増えています。落ち着いたらその辺りの数字も報告します。

多くの人と出会いができます。今までも何度も言っていますが、リアルで会う事がより親密な関係になります。なのでリアルに会ってみてください。

この人と友達になりたいと思えばFacebookに限らず、ブログでも何にでも通用する方法はよくその方と絡む事です。

システムを簡単に言うと、いいねであれば1ポイント、相手のプロフィール見ると1ポイント。

コメントを書くと2ポイントでこのポイントを上げることでエッジランクが上がり、最新情報によく現れるようになります。100ポイントぐらいを目指してがんばって下さい。

友達が多くなるとどうしても、最新情報しか見なくなっていく傾向があるので、親密になりたければより多くのいいねやコメントを書いたり絡むことで親密度もアップします。

この人とは友達になりたいと思えば今までは想像もしなかった人とも友達にれるようなになります。

逆に友達申請について、次回以降お話したいと思っています。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。