Facebookの北海道登録者数 2011.06.29現在

各市の中心から16キロの範囲での登録数で18歳以上を調べました。2011.06.29現在

広告有効数    各市の人口    対比 先月対比(2011.05.18)
札幌 28,260人  1,918,868人   1.47%  +0.57%
旭川 1960人              352,146人   0.55%  +0.08%
函館 1860人             280,277人   0.66%   +0.06%
苫小牧 760人            174,138人      0.43%    +0.04%
帯広 1600人             168,511人        0.94%   +0.33%
小樽 580人                132,118人   0.43%   -0.16%
江別 1000人            122,127人     0.81%   +0.24%
北見 520人               125,397人   0.41%    +0.03%
室蘭 480人                95,202 人     0.50%    +0.11%
岩見沢 460人             89,896人   0.51%   +0.29%
千歳 700人                  93,991人      0.74%   +0.21%

合計 38,180人   先月対比 12,380人増
実は、この数字って、アクティブなユーザー数のようです。
実際には、1.5倍くらいいるはずなのですが、アクティブなユーザーはこれくらいみたいです。中嶋茂夫さんよりコメント頂きました。

この一か月で 12,380人増加しています。 すくないと思うか多いと思うかはわかりませんよね。

ただ、Facebookにもルールがあります。ぜひルールを守り楽しくFacebookを楽しもう!!

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。