ソーシャルメディア 集客する

ソーシャルメディア 集客

今の日本は物が余っているので、普通に生活する部分では新たに物は必要がない時代です。
そして、その商品やサービスにはほぼ変わらない商品ではないでしょうか?

すると消費者はどこで買っても同じであれば安い所から買うのが今の時代の流れです
企業側からすると他社と差別化するかという点でしのぎを削っています。

しかし、消費者はその点を重要視していないのでないでしょうか?
例えば、スマートフォンや日本の家電がいい例です。
携帯では、実際に必要のない機能がついていたりします。
なので、日本の携帯をガラパゴス化してしまった訳ですね。

日本人の特有な文化といってしまえばそれまでかもしれませんが、
その機能付いている事で安心してしまうのです、実際には全く使った事がない機能などあります。

ここで企業はアフターサービスを重視する会社が増えました。
顧客の満足度を上げて、リピートしてもらう事を期待しているのです

ただ、最初にも言いましたが、インターネットの普及により、同じ商品や同性能なら安い所から買う事もできます。
価格.comなどを利用する方も多いと思います。

そんな世の中、ソーシャルメディアで集客する場合はどのように進めていくか。
購入以前の段階でファンにしてしまうという手法で、ソーシャルメディアを活用するという事になります。

ソーシャルメディアで集客するには、従来のプッシュ型の一方的な情報ではなく
双方向の情報共有です。

ソーシャルメディアですぐに集客してはお客様は逃げていくでしょう。ソーシャルメディアで共感を勝ち得てから
集客するという時代になってきました。

集客に成功するポイントは顧客満足度を購入前に上げてしまうのです。
ソーシャルメディアはリアルではないので、手を抜きがちですが危険なことです。

リアルと同等いや、それ以上丁寧な対応がポイントにもなります。

商品やサービスの中ではソーシャルメディアで集客できない会社もあります。
そんな時こそソーシャルメディアや自分のコミュニティーを作り上げていくことをオススメします。

お客様から本当の声を聞けるしくみ作りです。

ソーシャルメディア 集客

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。