LPOはどうやってクリックしてもらえるか?

前回はディスクプリション(description)の重要なポイントだと説明しましたね。

どんな事にも順序があります。基本に忠実に内部対策を行うという基本です。

全体の設計図が必要になります。

どのような検索ワードで複数ワードも使う場合もあります。

SEOで上位表示が出来たとしても、タイトルやディスクプリション(description)が

検索ワードとマッチしなければ訪問もしてくれないでしょう。

なんでもそうですが、嘘はいけません。

嘘ではなく魅力的に書くというとい事でクリック確率が高くなるのです。

まずは、会社名を書かれてもクリックしたくなりませんよね。

これがLPOです。

SEOで上位表示させて、魅力的なタイトルや文章でクリックさせるのがLPOです。

目的ページにランディングさせるのが目的なんです。

その為には、ホームページのアクセス解析も当然見ることになります。

Googleアナリティクスはとても便利なツールでどのページから訪問して

どのページで離脱したのかわかります。

どんなページで離脱したかわかればそのページに魅力がないという事ではないですか?

離脱率を50%にすることを念頭において作り上げるのです。

最近では、スモールキーワードでも検索が難しい時代に突入するでしょう。

タイトルと記事タイトルとディスクプリション(description)は人が実際に

コントロールできる所なんですね。

次回には、ページの書き方などを説明しょうと思っています。

サイトでは公開できない最新情報はメルマガから

mutomasataka_p1  誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです  「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。売れないのは、商品やサービスが「わかりずらい」点です。  ベネフィトが明確ではないのです。商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。